HOME>オススメ情報>知らず知らずのうちに悪化するので注意が必要

40歳を超えると注意

医者

数ある疾患の中でも、サイレントキラーと呼ばれているのが糖尿病です。自分でも気付かないうちに症状が進行しているケースがあり、診断された時には重度になっていることがあります。糖尿病自体は視に至る病気ではありませんが、合併症が起きてしまうと死に至ってしまうことがあります。やはり早期の発見が鍵になりますし、それが予防と治療には一番だと言われています。糖尿病の症状は幾つかありますが、最も有名なのが尿量の増加ではないでしょうか。おしっこ自体に甘いにおいがするようになり、一日に何度もトイレに行くようになります。それによって体重が落ちて、かかりつけ医を受診して糖尿病が判明することがあります。

体重のコントロール

糖尿病の典型的な症状としては、喉の渇きが挙げられます。水分を異常に摂るようになり、尚且つ糖分を欲しがるようになります。アルコールを多く摂る方は注意が必要で、ビールや日本酒は特にカロリーが高いと言われています。最も簡単なチェック方法としては、おしっこをした後の便器を覗くことだと言われています。泡立ちが多くなると糖尿病が疑われますし、一分経った頃に便器をチェックしてみて下さい。インスリンが低下することで、吐き気や目眩が現れることもあります。

日々の節制が大切

糖尿病と診断を去れたら、少しずつ日々の生活を改めることが大切です。例えば食事ですが、炭水化物の摂取を控えて野菜中心のメニューを心がけて下さい。適度な運動をすることで、適性体重をキープすることが出来ます。少しでも怪しい症状を感じたなら、専門医を受診してみるべきです。糖尿病専門の外来も増えていますし、医師や看護師から適切なアドバイスを受けられるはずです。長い目で治療に取り組むことで、必ず悪化は防げます。

広告募集中