どのような準備が必要になるか

受付

最近話題になっている幹細胞治療は、医学の進歩を症状するような治療方法になっています。この方法はお金はかかりますが、一般の人でも治療が可能になっているのが特徴です。特に2010年以降は細胞レベルで治療することが少しずつ認められてきており、多くの治療院でもこの方法で治療をすることができます。とはいえ、だれでも治療できる訳ではなくまずお金の準備ができていることが必要です。基本的に保険が適用されないため、200万円以上のお金が用意しておきたいところです。治療内容にもよりますが、指の欠損レベルになると、2000万円ぐらいのお金がかかってしまうでしょう。ある程度のお金もちでないと、なかなか治療できない部分もあります。

若返りをすることも可能

医者と患者

人間は年齢とともに、樹木が年輪を増やすように経験が豊富になってきます。しかしその一方で、若さが失われてきますので、年齢が増すことに対して否定的に考えている人は多いです。特に女性の場合はこれを強く気にする傾向があるでしょう。最近は、幹細胞治療などが発達しているため細胞レベルから若返りを図ることは十分可能になります。例えば細胞が歳をとりシワができやすくなった場合でも成幹細胞により新しくすることは可能です。その結果若返りをすることができるようになるでしょう。しかも、この方法だと自分の細胞を使うため副作用などはほとんどありません。腎臓移植のように、人のものを移植するわけではないためしっかりと機能してくれる可能性が高いわけです。

病気の治療に使えるか

細胞

もともと細胞に関する治療は、病気の治療として利用されることが一般的に考えられていました。そのため、実際の場面でも病気の治療で使った例もいくつかあります。いくつかあると説明するのは、お金がかかるため大きな病気の場合はあまり利用例がないことを意味しています。例えば皮膚の表面の一部にあざなどができた場合にはこれを治すことも可能ですが、大きな病気になればなるほど治療は少しずつ難しくなってきます。今のところ失明をした人の目を治療するのに幹細胞治療が使われたなどの例はありますが、すべての病気に対応している訳ではありません。ですが失明以外にもいくつかの病気は幹細胞治療によって治すことができるため、実際にクリニックなどに行き相談してみるのも一つの方法です。治療方法としてはES細胞などを利用する方法もありますが、このやり方は受精卵から作る方法でしたので倫理的な問題がありました。ですがその後IPS細胞が発見されてから、今までにないような治療方法が注目されています。

広告募集中